名古屋城

尾張名古屋は城でもつ
徳川家康が諸国大名を集めて築いた天下平定の象徴

尾張名古屋は城でもつ名古屋城

国宝「名古屋城」

名古屋をはじめて訪れる方に、最初におススメしたい観光地・名古屋城。

戦国~江戸時代を代表する名城で、徳川家康が諸国大名に命じて築いた天下平定の象徴で、床面積は国内最大!お城としては初めて国宝に指定されています。

慶長17(1612)年の完成とともに、信長の築城以来、尾張地方の守護所だった清洲城を廃城にしたことで、清洲城下町から名古屋城下町へ人々が移り、繁栄の基に。名古屋はまさしく名古屋城から始まったと言えます。

残念なことに天守閣は第2次大戦の空襲で焼失、現在は1959年に再建されたお城ですが、金のシャチホコが輝く堂々たる威容は、往時の姿を現在に伝えてくれています。

名古屋城の観光情報

お城よりむしろ有名「金鯱(きんのしゃちほこ)

尾張名古屋のシンボル・高さ約2.6mの「金鯱」

名古屋城の天守に鎮座する、お城そのものよりむしろ有名な「金鯱(きんのしゃちほこ)」。

高さおよそ2.6m。築城当初は一対に現代の金相場で10億以上の金を使ってつくられた金鯱ですが、残念ながら築城当時のものではなくレプリカです。

城内にはいくつかレプリカが展示されていますが、またがって写真撮影のできる金鯱もありますよ!

天守閣は地上7階地下1階建て

天守閣は5つのフロアに分かれ、焼失をまのがれた武具甲冑や大名道具、金鯱のレプリカなどの展示や、石垣の石曳き体験シミュレーター、駕籠乗り体験、城下町の1日をの再現したコーナー、3Dシアターなど、体験型の展示も充実しています。
最上部の展望室までエレベーターで昇ることができ、ゆっくり廻っておよそ1時間位。